Money Forward Developers Blog

株式会社マネーフォワード公式開発者向けブログです。技術や開発手法、イベント登壇などを発信します。サービスに関するご質問は、各サービス窓口までご連絡ください。

20230215130734

Money Forward Developers Blog Award 🎉 この1年で多く読まれた記事を紹介します!

こんにちは、採用広報のachaです✌️ マネーフォワードでは11月が事業年度末となり、12月から新しい年度が始まっています。

先日社内でMoney Forward Developers Blogの投稿数やPV数を軸に表彰する「Money Forward Developers Blog Award」を行いました。 その中のPV数部門で表彰したトップ10の記事を紹介できればと思います。

ブログを通して、この1年間のできごとをふりかえるきっかけになれば嬉しいです。

【1位🥇】ChatGPTのAPIがオープンになったのでSlackに分身を配置した話

この1年は、ChatGPTをはじめとした生成AIが大いに盛り上がった年でしたね……!
マネーフォワードでも、マネーフォワード クラウド給与でChatGPT APIを活用した新機能を提供するなど、さまざまな場面で生成AIを活用しています。

そして1位となった記事は、ChatGPTのAPIが公開になってすぐ公開したこともあり、たくさんの方に読んでいただきました。

moneyforward-dev.jp

【2位🥈】「Ask What, not Why」 失敗したときに自信を失いかけたら実行しているメンタル転落回避術

2位となったのは、VTRyoさんの記事です。タイトルの通り、失敗したときのメンタル回復術をまとめてくれました。
そしてなんと、このブログのはてなブックマーク数は451!!(※公開日時点)Money Forward Developers Blog の中でも上位となるはてブ数を記録しました!

moneyforward-dev.jp

【3位🥉】マネーフォワード MEのモバイル開発の生産性を爆上げした事ランキング

マネーフォワード創業初期から開発されているマネーフォワード ME。
2018年頃と比べて、大幅に開発生産性が上がった取り組みについて紹介いただきました。
またこの記事を通して、マネーフォワードがFlutterを導入していることも、改めて知っていただくきっかけになりました。

moneyforward-dev.jp

【4位】OAuth 2.0 認可コードグラントフローについて理解したことをまとめます

昨年のアドベントカレンダーとして公開後、じわじわとPV数を伸ばしていったこの記事!
認可フレームワークである OAuth 2.0 について紹介いただきました。
この1年は7位にランクインしたPasskey autofillの利用事例など、マネーフォワード IDに関する発信を多く発信しました。マネーフォワード ID 開発チームの皆さんに、大感謝です!🙏

moneyforward-dev.jp

【5位】Rails appをRubyコードの改善だけで50%以上高速にした話

こちらも昨年のアドベントカレンダーで公開された、Railsアプリケーションの高速改善に関する記事です。
この内容について社内勉強会でも登壇いただき、大きな反響がありました。

この記事の筆者の id:Pocke さんは、投稿数でも、10位のみやむーさん(@miyamura.koyo)と同率1位となりました👏

moneyforward-dev.jp

6位から10位まで、一気にご紹介!

【6位】Passkey autofillを利用したパスワードレスログイン導入で得たものと、得られなかったもの

moneyforward-dev.jp

【7位】技術負債解消に取り組んだ新卒1年目を振り返ります

moneyforward-dev.jp

【8位】マネーフォワード CTO が考えていること(2023 年 3 月)

moneyforward-dev.jp

【9位】新CQO、高橋寿一と池田暁に聞く。これからの10年を支えるマネーフォワードQA戦略の第一歩とは

moneyforward-dev.jp

【10位】約8年開発されている Rails 製プロダクトを Ruby 3 にバージョンアップするために keyword parameters is deprecated を「網羅的に」検知する方法

moneyforward-dev.jp

まとめ

昨年度(2022年12月〜2023年11月)、Money Forward Developers Blogでは119件の記事が公開されました🎉
ほかにも、ZennやQiita、個人ブログやnoteなどでもたくさんの発信が行われており、最近は英語ブログも開設し、英語での発信も頑張っています。

また、「Money Forward Developers Blog Award」を通して、どのような記事が読まれているのか、どの部署がよくブログを書いてくれているのか、平均PV数や、テックブログに記事を書いてくれた人数などを再確認できました。

今回ご紹介した取り組みは、テックブログのサマリーを把握でき、読まれた記事を表彰できて、さらに取り組み自体をブログ記事としてアウトプットもでき……と一石三鳥なので、テックブログの運営に携わっているみなさん、ぜひ取り組んでみてください🙌